抜け毛や薄毛対策

頭皮に悪影響!?パーマやヘアカラーが薄毛を進行させるって本当?

投稿日:

この記事の所要時間: 424

パーマやヘアカラーは頭皮に良くない、ハゲの原因になると聞いたことはありませんか?果たしてそれは本当のことなのでしょうか。

「パーマやヘアカラーがしたいけど薄毛が怖い」
「頭皮への影響を知りたい」

そんな方も多いことでしょう。そこで当記事では、パーマやヘアカラーの頭皮への影響や薄毛との関係性についてお話ししたいと思います。

パーマの頭皮への影響とは?

パーマ 薄毛
まずはパーマの頭皮への影響について見ていきたいと思います。

パーマは、結論を言えば頭皮にダメージを与えてしまいます。パーマをすることで髪のボリュームアップがなされ、薄毛を目立たなくさせることができますが、薄毛の進行を速めてしまう恐れがあるため、その方法はあまりおすすめできません。

パーマをするときには、パーマ液を使用しますよね。このパーマ液が頭皮にダメージを与えるだけでなく、パーマをするときには髪を引っ張りますから、これによって頭皮がダメージを受けてしまうのです。

パーマ液の頭皮への影響

パーマ液には1液と2液があります。1液は強力なアルカリ性で、2液は酸性です。

頭皮は弱酸性なのですが、パーマをするときにはこの1液が用いられることもあります。

1液を頭皮にかけると、肌がぴりぴりとするかと思いますが、これは1液がアルカリ性であることによって起こる反応なのです。このとき頭皮はまさにダメージを受けているのであり、それは炎症や脂漏性皮膚炎の原因となります。

薄毛の人の頭皮はただでさえ弱っているのに、そこに刺激の強いパーマ液を振りかけたらどうなるか?分かりきったことです。

弱酸性のパーマ液ならいいの?

それでは弱酸性のパーマ液なら良いのでしょうか?

たしかに、弱酸性のパーマ液は従来のパーマ液に比べ、40~60%ほどアルカリ性がカットされていますから、頭皮への悪影響は少ないと思われます。

しかし弱酸性のパーマ液には、パーマがかかりにくい、長持ちしないという大きなデメリットがあるのです。

長持ちしなければ、短い期間を経て、またパーマをかけなければならないわけで、そのたびに頭皮にダメージが蓄積されていきます。

やはり薄毛の人はパーマをかけるのは諦めたほうが良いのではないでしょうか。悪影響しかないのですから。

ヘアカラーの頭皮への影響とは?

ヘアカラー 薄毛

やっぱり頭皮には悪影響

ヘアカラーの仕組みは、毛髪のキューティクルを開いて、そこに染料をしみこませるというもの。

カラーリング剤にはそのための化学薬品や人工着色料がたっぷりと入っているわけで、頭皮にダメージを与えかねません。

特に市販のカラーリング剤には、より多くの化学薬品や人工着色料が含まれており、それはもう最悪です。

それらの商品の注意書きを見ると、「薬剤が頭皮に触れないように」などと書いてありますが、そんなことは不可能です。つけるときにも、流すときにも頭皮に薬剤が付着してしまいます。

美容院で染めるのもダメ?

美容院で髪の毛を染めるからといって、安全というわけではありません。美容院で使用されているカラーリング剤は、市販のものよりはマシですが、やはり染料が頭皮に付着してしまうので、頭皮がダメージを受けることには変わりがないのです。

実際、美容院でカラーリングを行い、頭皮に炎症を起こす人もいます。上手い、下手もありますし、薄毛の人はパーマそしてカラーリングは行わないほうが無難でしょう。

そもそもパーマやヘアカラーは薄毛の原因になるの?

直接的な原因にはなりません

パーマやカラーリングが直接的に薄毛の原因になるというわけではありません。

薬剤を頭につけるというと、その薬剤が皮膚に浸透して、それによってハゲが進行するのではないかと考えてしまいますが、パーマ液やカラーリング剤は「医薬部外品」もしくは「化粧品類」に当たりますので、そういった作用はないのです。

もし皮膚に浸透する作用があるなら、それは医薬品に分類されます。

でもダメージの原因にはなる

しかしパーマ液やカラーリング剤は、頭皮のダメージの原因にはなります。先述したように、これらの薬剤は強いアルカリ性だったり、化学薬品や人工着色料を多く含んでいたりするからです。

頭皮がダメージを受けると、髪の元気が失われていきます。薄毛の人はただでさえ毛が抜けやすい状態にあるのです。

そんな中で頭皮に強い刺激を与えてしまったら、薄毛や抜け毛が進行してしまう危険性が高くなります。したがって、あまりおすすめはできないのです。

パーマやヘアカラーの影響まとめ

以上、パーマとヘアカラーの頭皮への影響、薄毛との関係性をご紹介いたしました。

パーマ液やカラーリング剤は薄毛の直接の原因にはなりませんが、頭皮にダメージを与える原因にはなります。

頭皮にダメージを与えると薄毛や抜け毛が進行する恐れがありますので、今現在ハゲに悩んでいる方には、パーマやヘアカラーはおすすめできません。

薄毛を予防し、改善するには、普段から頭皮をいたわってあげることが大切です。育毛剤や頭皮に優しいシャンプーを使用する、紫外線を直接受けないようにするなど、常日頃から薄毛予防に努めてください。

-抜け毛や薄毛対策

Copyright© 育毛ファースト.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.