抜け毛や薄毛対策

一歩間違えばハゲる?ハゲ予防にいいシャンプーと正しい頭皮の洗い方

投稿日:2017年3月16日 更新日:

この記事の所要時間: 247

突然ですが、みなさんはお風呂上りにちゃんと髪を乾かしていますか?

濡れたままにしておく。実はこれ、頭皮にダメージを与えかねない危険な行為なのです。特に薄毛の人は注意しなければなりません。

「普段から薄毛対策をしておきたい」
「お風呂のあとに髪をどうすべきか知りたい」

そのような方々のために、この記事ではハゲとお風呂をキーワードに、ハゲの予防策をご紹介したいと思います。

使うシャンプーと頭皮の洗い方

まずは使用するシャンプーについて述べておきます。

「シリコンシャンプーはハゲの原因になる」とよく言われますが、これは真っ赤な嘘です。シリコンが毛穴に詰まることはありません。

したがって、粗悪な品でなければ、シリコンの育毛シャンプーを使っても構わないのです。重要なのは、そのシャンプーに含まれている洗浄成分です。

「ラウリル硫酸○○」「ラウレス硫酸○○」「スルホン酸○○」これらの成分の含まれるシャンプーは、洗浄能力が高すぎるため頭皮にダメージを与えてしまう危険性があります。

これらの成分の含まれていない、たとえばmorgansやさくらの森などといったシャンプーを使うのが良いでしょう。

次に頭皮の洗い方ですが、まずはお湯でしばらく頭皮を洗ってください。このとき、お湯は熱すぎてはいけません。

また、頭皮に爪を立てないでください。指の腹でやさしくマッサージをするように洗います。

その後、シャンプーを手に取り、すこし泡立たせてから髪につけ、やはり指の腹でマッサージをするように頭皮の汚れを擦り取っていきます。

全体をやりましたら、お湯でシャンプーを流していきます。念入りに、数分かけて洗い流してください。

このときにシャンプーをきちんと落とせていないと、それこそ毛穴の詰まりになってしまいます。

美容師さんがするような感じで、しっかりと洗い流してください。

お風呂を上がったら……

お風呂を上がりましたら、髪の水気をタオルで拭きとってから、ドライヤーで乾かします。濡れたままにしておくのはハゲの原因となりますので、注意が必要です。

なぜハゲの原因になるかというと、髪の毛が湿った状態だと、そこで菌が繁殖してしまうからです。

ドライヤーで、髪が少ししっとりしているというくらいになるまで乾かしてください。発毛剤や育毛剤をつけるのは乾かしたあとです。頭皮につけてから、指の腹でマッサージするように、液剤を頭皮全体になじませてください。

そして、髪を乾かしたあとは、極力外に出ないほうがいいです。1時間、2時間と空ければ問題ないのですが、頭を洗ったばかりの状態で外に出ると、頭皮がもろに紫外線にさらされます。これも頭皮へのダメージとなってしまいますので、注意しましょう。

いわゆる「朝シャン」を習慣としている人は、お風呂を上がってから1時間くらいは家から出なくて済むように、すこし早起きしたほうがいいですね。

以上、ハゲとお風呂について見てきました。

最初はちょっと面倒くさいかもしれませんが、慣れればなんてことはありません。私もかれこれ10年以上このお風呂の入り方を続けていますが、髪は非常に元気です。

みなさんもぜひ、頭皮をいたわって、ハゲを予防してくださいね。

-抜け毛や薄毛対策

Copyright© 女性も使える育毛剤ランキング | 育毛剤の効果や口コミでおすすめ比較 , 2017 AllRights Reserved.