女性の育毛について

女もハゲる!?女性の薄毛に効果的な育毛剤や薬

投稿日:2017年3月24日 更新日:

この記事の所要時間: 74

突然ですが、みなさんは「ハゲ」は女に関係ないと思っていませんか?

実際はそんなことはありません。女性でも将来的にハゲる可能性はあるのです。髪は女の命といいますが、せっかくの髪の毛が抜けてしまって頭皮が見えている……なんて状態になってしまったら、悲しいですよね。

「毛が薄くなってしまうのは嫌だ」
「今のうちから気をつけておきたい」

そのような方も多いと思います。

そこでこの記事では、女性の育毛をキーワードに、「将来ハゲになってしまうのを防ぐ方法、習慣、そして薄毛治療薬」についてご紹介いたします。

現状、薄毛に悩んでいるという方にとっても役立つ情報をご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

まずは生活環境の見直し&頭皮ケア!

女性 薄毛
薄毛を予防するには、まず生活習慣を見直すことが大事です。

栄養バランスの取れた食事をとる、運動をする、睡眠をとる、タバコをやめる、アルコールを控える。これを徹底するだけでも髪の毛には相当に良い環境が作られます。

そのうえで、以下にご紹介いたします頭皮ケアを実践してみてください。

頭皮マッサージで血行促進!

頭皮マッサージは頭皮の血行を良くし、新陳代謝を高めることができます。頭皮に栄養が行き渡れば、髪の毛も元気に育っていくわけです。

お風呂に入っているときなどに、軽く頭をマッサージしてあげましょう。指の腹を使って、頭皮を優しくほぐすようにしてください。

育毛シャンプーを使用する!

お風呂に入ったら頭、髪を洗いますよね。そのときに使用するシャンプーを特別なものに替えると、頭皮環境は改善され、育毛・発毛を促進することができます。

シャンプーにも色々と種類がありますが、最も良いのは「アミノ酸系のシャンプー」です。市販の安いシャンプーですと、洗浄力が高すぎて頭皮の皮脂をごっそりと洗い落としてしまいます。

頭皮に良いのは、頭皮を保護するために適度に皮脂を残しておくことで、それを可能としたのがアミノ酸系のシャンプーなんですね。

チャップアップシャンプーや守り髪ベースメイクシャンプーなど、良質なシャンプーは多数販売されておりますので、興味のある方は調べてみてください。

サプリメントで栄養補給!

発毛、育毛を促すには、ミネラル(鉄分)、亜鉛、ビタミンE、アミノ酸(メチオニン、システイン、タウリン)を補給することが推奨されますが、これらをすべて食事で補うのはちょっと難しいところがあります。

ですから、食事に気を付けるのは当然として、そのうえでサプリメント等で不足分を補給するようにすると、育毛・発毛をさらに強く促すことができます。

女性用の育毛剤もある!?

以上にご紹介した頭皮・ヘアケアは、どちらかというとハゲの予防法ともいうべきものです。

ですからすでに薄毛、抜け毛にお悩みの方は、上記の方法に加えて育毛剤の使用をおすすめいたします。

育毛剤というと、どうしても男性が使うものというイメージがありますが、女性用の育毛剤もあるんですね。それがかの有名なリアップシリーズのひとつ「リアップリジェンヌ」です。

この商品は、成分の配合割合などを女性向けに調節した、正真正銘の女性用育毛剤です。

壮年性脱毛症の改善に高い効果を発揮するミノキシジルが配合されていますが、女性用とあって濃度は本家の約5分の1。低刺激の仕様です。

ミノキシジルの他、メントールやトコフェロール酢酸エステル、パントテニールエチルエーテルが配合され、これらが「ミノキシジル使用後特有の頭の痒みを抑える」「皮脂の酸化を防ぎ頭皮を清潔に保つ」「毛細胞に栄養を供給する」といった働きをし、あらゆる面から発毛・育毛を促進してくれるのです。

価格はボトル1本約1ヶ月分が5239円。通販サイト経由で購入すればもっと安くなるようです(4500円程度)。

国に発毛効果が認められているリアップシリーズ。それが5000円くらいで手に入るのですから、非常に心強いですよね。

しかし、育毛剤の仕様が推奨されないケースもあります。次項の注意点にも目を通しておいてくださいね。

女性用育毛剤を使用するときの注意点とは?

女性用育毛剤
ここではリアップリジェンヌを基準に考えます。まず、この商品を「使ってはいけない人」は以下の通りです。

1.リアップリジェンヌでアレルギー症状を起こしたことのある人
2.20歳未満の女性
3.妊娠中、授乳中の人
4.妊娠や出産の影響で脱毛している人
5.避妊用ピルをやめたことにより脱毛している人
6.壮年性脱毛症以外の脱毛症の人
7.頭頂部以外の部分が脱毛している人
8.脱毛が急激であったり、斑状の人
9.頭皮を引っ張るような髪型の影響で脱毛している人
10.男性

いかがでしょう、あなたは当てはまっていましたか?

まず、アレルギーについてですが、これは当然のことですよね。時間が経てばアレルギーが無くなる、なんてことは基本的にはないわけですから、一度この商品を使用してひどい痒みや湿疹に襲われた人は、使用を控えてください。

これから使用する予定の人も、使用後頭皮等に何らかの異変が起こりましたら、使用を中断し、医師に速やかに相談しましょう。

20歳未満、未成年者につきましては、育毛剤を使用した場合の安全性が十分に確認されていませんので、使用を控えてください。

それに、その年齢で急激に脱毛するというのは珍しいケースですから、病気等を疑ったほうがいいかもしれません。

過度のストレスによる脱毛の可能性もありますし、女性に多く見られる甲状腺疾患の可能性もあります。

ちなみに甲状腺疾患の脱毛は、上の7に紹介しましたように、頭頂部以外の部分、側頭部や後頭部の毛も抜け落ちてしまいます。心当たりのある方は、すぐにお医者さんに相談してください。

リアップリジェンヌは、あくまでも「壮年性脱毛症」に効果を発揮するものであります。

たとえば出産後の脱毛や、髪を引っ張りすぎたことによる脱毛は、壮年性脱毛症ではない可能性が高いです。

そのような方がリアップリジェンヌを使われましても、ほとんど効果がないと言ってよいでしょう。特に何か心当たりはないけれど、最近ちょっと頭頂部の毛が薄くなってきた……そういう場合にリアップリジェンヌを使うようにしてください。

壮年性脱毛症以外の原因が考えられる場合は、この商品を使用してはいけません。

飲む育毛剤も存在する!?

みなさんはプロペシアという薬をご存知でしょうか?

これは「男性用」の薄毛治療薬で、AGAに絶大な効果を発揮します。

薄毛治療というと、専ら男性向けのものとして発展してきた感がありますが、近年女性用の薄毛治療薬が誕生しました。その名も「パントガール」。

頭につけるのではなく、錠剤を飲むことで内側から薄毛治療を行います。パントガールがその効果を発揮するのは、びまん性脱毛症、分娩後脱毛症です。

つまりこの薬は、リアップリジェンヌで対応できない、壮年性脱毛症以外の脱毛症の特効薬であるわけですね。

たとえば、歳をとるにつれだんだんと髪の毛の量が減ってきて、ヘアスタイルを決めるのが難しくなった方。パーマやカラーリングを繰り返すうちに毛が少なくなってきた方。

出産後に抜け毛が増えた方。ストレスや生活習慣の影響で、髪全体のボリュームが落ちてきた方。

それらの悩みを解決してくれるのが、このパントガールなのです。臨床試験では、3か月間パントガールを服用した女性の70%に抜け毛の減少が認められ、うち20%はほとんど抜け毛がない状態にまでなりました。

発売から副作用の報告もなく、安全性の高い薬であることも知られています。育毛剤というよりはまさに「治療薬」という感じですね。

パントガールは医薬品ですので、医師に処方をしてもらうことになります。薄毛治療専門のクリニックに行って、医師に相談してみましょう。

これを飲めば高い確率で薄毛は劇的に改善されます。育毛剤などを使ってその効果を実感できなかったという方は、パントガールの服用を検討されてみてはいかがでしょうか。

育毛・発毛に重要なことは、なるべく早く行動を起こすことです。まだ大丈夫なんて考えずに、髪が薄くなってきたと思ったら、すぐにでも行動を起こしましょう。

-女性の育毛について

Copyright© 育毛ファースト.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.